金本位制とドルとビットコイン

1.「金・ドル本位制」?
金本位制が崩れて、ドルが基軸通貨になりましたが、
1973年ついに本格的に変動相場制が始まりました。

2.FRB?
現実問題、何の権限があるのかどうかも分からない、
まったく謎のFRBがチョット会議しただけで
大量のドルを発行し(実際にはドル紙幣を刷ることもない)
世界を牛耳っている、今の体制???

日銀も同様です。
金融緩和でジャブジャブに増えて価値がなくなり続けるドルや円やユーロ。

3.金とビットコイン
一方、ビットコインは金などと同じ希少価値で埋蔵量は、2100万ビットコインと決まっている。
ビットコインがバブルなのではなく、ドルや円の価値がなくなってきていると言う事実。
ビットコインが200万を超えたと言ってからわずか1か月チョットで500万
ビットコインでテスラの電気自動車が買えるそうです。

株も同様です。
株が高いのではなく、現金の価値が下がっている。
いつか来る来るハイパーインフレ??

4.仮想通貨の税制度
仮想通貨は雑所得で申告ということです。
雑所得の総合課税は累進課税というデメリットがありますが、最大のデメリットは控除がなく、
他所得と損益通算することができず、翌年への損失の繰越しができないことです。

株やFXの損失を仮想通貨の収益と損益通算できません。
損益通算も出来ません。

今年儲かっても、来年損したら、税金を払えない。。。
それゆえ持ってるだけの人も多い。
いわゆる「ガチホ」組。
税制が変わるのを待っているとも言われている。
私も待っている。
bic